3)あなたの幸せに導くロミロミのもう一つの側面に恋して♡@カウアイ


1)ロミロミのもう一つの側面に恋して♡@カウアイ 

2)あなたの幸せに導くロミロミのもう一つの側面に恋して♡@カウアイ



日が暮れたトレーニングルームに入ると

少しの明かりと魂と細胞に響くかのような音楽

そして施術ベットが3台

私のロミロミの先生Edの知り合いの先生方が3名

私たちにそろぞれの先生がロミロミをしてくださるようだ

(そういえば、「Ed先生が僕の友達の先生に皆ロミロミを受けてもらうよ」と言ってたっけ...)




私のワクワクはさらにUP

もう早く受けたくて仕方がない....I Can't wait!そんな感じだ

部屋の壁際に順番に並び、3名ずつが足をクレンズする為の椅子に案内される

そしてクレンザが済めば、先生方が一人ずつベットへ案内してくれる

無言でいるように言われた私たちだから、勿論残念ながら写真は一枚もない....

(写真好きには残念なのだ。。。。)




私は順番を今か今かと待ちながら

しかしワクワクの一方で私はあることで頭が一杯になっていた

それが、後にさらなる不思議を経験することになった(続く)



そうだ!B&Bからの絶景の写真と私の基盤を作ってくれた
Ed先生をご紹介せずにこのロミロミの学びは語れないだろう(笑)↓

Ed先生所有のB&Bの庭からの眺めは私の大のお気に入り

森に囲まれたこのB&Bで2006年から2010年まで学べたこと

私はラッキーでした....

私の大切な大切な先生の一人であるEd先生!彼に会わなければ今の私はないだろう!

彼のロミロミのトレーニングがなければ今のロミロミはなかっただろう!

彼という存在が私を今家元に学ぶという道を与えてくれた!

英語が出来ない私であったが彼が日本語を話してくれた!

日本を良く知り!そして大きな愛情!

それが、私が自由に羽ばたき古典スタイルを残すテンプルスタイルという

ロミロミの学び方と叡智にハマってゆく機会を与えてくれた!

今でも、Ed先生との交流は私をほっこりさせてくれる!

Ed先生との交流はいつもフィーリングだ。。。

彼のつたない足りない日本語を汲み感じ取り

先生の話したいことを再度日本語に通訳するのは私はピカイチだ!^^

言葉でない交流をまずEd先生から学んだ....




注::当時カフナボディワークは日本ではテンプルスタイルと呼ばれていました。

現在も世界各国で様々な呼び名で施術されています。

現在の日本人グループのこのスタイルの学びを続けている人は、

カフナボディーワークという名称を使うことが多い

0コメント

  • 1000 / 1000