お見送りをして思うこと....旅立つまでにやれることはあるはず!

今年はお見送りが多い年

今日もお見送りさせていただきました。
辛いですが、残された者はお見送りすることで気づかされる
自分の人生を大切にしなさいと


娘が中学生になるまでゴールデンウィークとお盆は必ず行っていたキャンプ

同じ年頃の子供を持ったパパサーファー家族がやってくる

河原には、それぞれの家族のテントやタープ

家族の特徴も家の中も丸見えのちょっとしたオープン長屋のよう

子供達はあっちのタープこっちのタープと遊びに行く

朝起きて眠たくて限界になるまで自由に遊びまわる

夜な夜なママ達の話が尽きなかったことも




もうすぐほとんどが成人を迎えるだろうという今

ある家族のパパが旅立った

私はその時しか会わなかったけど一緒に暮らすキャンプは家族のよう

いろんな思い出、特に子供達のことを思うと。。。言葉にならない




明日がいつまであるのかなんてわからない
今、本当大切に生きなくちゃ
人生を生き切りたい
そう、強く思う私です




あれもやってみたい!でも、どうしよう?

あれも、食べてみた!また、明日にしよう

そこに行きたい!あ〜また今度の時でいいや

あ〜あれ欲しい!でも私には無理




なるべくそうでない生き方を

今を生きよう

故人お見送りをして、

しょうもない、怖さや、エゴの声でストップしていることは勿体無い

後悔のない生き方

いつも口先だけで言ってる自分を変えていこう




それは、何も暮らしの中の大きなことだけを言ってるんじゃない

どちらかというと毎日の普通の暮らしの全て!

ちょっとしたことも全て

与えられた命

生きているものはまだ出来ることが一杯ある

自分自身の持って生まれた使命を生き切りたい




使命(素質)を生きることは

それが、難しい使命でもどんな使命でも

全うすることはとても喜びで

自分自身も周りも魂を豊かにしてくれる




私は自身の使命を感じている

自分自身がやりたいことをあまり迷わない私

でも、怖くてゆっくりの時もあるし

やっぱり自信がなくなり誰かに助けを求める時もある

本当に、自分の思うことはあってるのか?なんてね

先日のクリスティアンのチャネリングでそれはクリアーになり

やること、やりたいことがはっきりクリアーになると

魂は喜び私が強くなった




私の魂のカラーはパープル

やってゆく道

体のこと

私という生き物の正体

それは、それは魂の声を私がはっきり認識する感じ

そのリーディングに私の魂が「気付いてくれてありがとう」と

私が喜んでいるのを感じます





私は明日あるかなんてわからない

そう言ってもやっぱり、本当の意味で毎日そう感じて生きてはいない

そう!今日!旅立ったパパにまた思い出させてもらいました。

心から、「光の世界でゆっくりしてくださいね」と

そして、残された全ての人たちがそれぞれの光を持って生きれますことを祈ります

当時から飾っている私の一番大好きなキャンプでの写真

時は待ってくれない.....今のこの命は永遠ではない....



悲しくたって、嬉しくたってどんな日常もそれでも私は日常を変わりなく生きてゆく


ジャパンツアー大阪も数日になってきました。11月6日はセミナー

11月8日まではセッション!(受付は後2日となり、残りは少しです)

気になる方は下記イベントページまたはアメブロをご覧くださいませ。

お問い合わせお申し込みは、私ナナ子まで

0コメント

  • 1000 / 1000